Taku Lee

American football RB #29

Profile

アメリカンフットボール選手

(オービックシーガルズ所属)

世界最高峰リーグ・NFL挑戦中

南山中学・高校、慶應義塾大学(4年時主将)と競技を続け、大学3年時には大学生で唯一日本代表として世界を相手に戦いました。卒業後は日本航空にパイロット訓練生として入社すると同時に日本社会人アメフトチーム・オービックシーガルズに入団し、成田空港での地上業務実習とアメリカンフットボールの両立を1年半続けました。(2017年度新人賞受賞、2019年度オールX選出)

パイロットとして世界を舞台に飛び回りグローバルに活躍する事を幼い頃から夢見てきましたが、アメフト世界最高峰プロリーグNFLに挑戦したいという気持ちを抑えきれず、一度きりの人生後悔のないよう今しか出来ない事をしようと、葛藤の末にパイロットの夢は一旦心にしまい、2018年秋日本航空を退社しNFLを目指す決断をしました。

これまでアメリカンフットボールの本場アメリカの世界最高峰リーグ“NFL“でプレイした選手はいません。”日本人にNFLは無理だ”、”体格差や人種の壁がある”、そんな固定概念や多くの人の想像を超える挑戦をしていきたいです。日本人未踏の地”NFL“で初の日本人選手となり、そこで歴史を超えていく活躍を必ずします。

日本人初のCFL・NFL選手となることで、日本アメリカンフットボール界に活気を吹き込み、新しい変化を巻き起こしたい。それだけでなく、日本人・アジア人として人種や国境を越えて活躍する姿をお見せすることで、子供達に夢や希望を与え、何かに挑戦しようとする若者や同世代、海外に挑戦しようとするすべての方々に、挑戦する勇気と夢を実現する感動を伝えたい。日本アメリカンフットボール界の進化・発展に貢献できるような活動を目指します。

2019年春には、アメリカのスカウトイベントであるザ・スプリング・リーグに日本人として初参加し、日本人初タッチダウンを決める。

その後XFLのトライアウトに招聘されドラフト候補入りをしましたが指名を受けることはできませんでした。

2年目のNFL挑戦となる今年は、日本での選考会を経てカナダのプロリーグCFLのドラフト候補選手となりました。まずはCFLで活躍しNFLでもやれるという実力を発揮するために、日本とアメリカを拠点に日々トレーニングを続けています。

渡米しコーチや選手達と活動している中、まずアジア人がアメリカンフットボールをプレイしていることに驚かれます。

「日本人にアメリカンフットボールができるのか」、「アジア人の君がどれほどできるのか」、冷ややかな視線が向けられることもあります。

しかし、それでも臆することなく堂々とプレイを見せ、彼らの想像と期待を超え、実力を認めてもらうという経験を幾度となくしてきました。

これまでの挑戦から、日本人がNFLで活躍する時はそう遠くないことを確信しています。

僕にとってアメリカンフットボールで世界に挑むことはそれを証明することでもあり、自分の可能性を自分が一番信じています。

  • 2019年
  • ・オールXリーグ RB選出
  • 2017年
  • ・オールXリーグ 最優秀新人賞
  • 2016年
  • ・学生リーグ リーディングラッシャー
  • ・カレッジ世界選手権 銅メダル
  • ・カレッジボウルMVP
  • ・関東ベストイレブン選出
  • 2015年
  • ・学生リーグ リーディングラッシャー
  • ・シニア世界選手権 銀メダル

Personal Data

1 cm
Height
1 kg
Weight
1
Birth Year
1 s
40yard
1 s
3corn
1 s
20shuttle
1
BP100kg

Contact

取材依頼や応援メッセージなどいただける場合は、こちらのフォームよりお願い致します。

Produced by SPORLD